FC2ブログ
趣味のことやふと思ったことなど、あれこれつづっていきます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
Ubuntu14.04 LTSが不安定
2015年08月23日 (日) | 編集 |
NvidiaのGeForce8600GTのグラフィックボードを使っているけど、少し前にプロプライエタリなドライバが331.113から340.76に更新されてからときどきハングアップするようになってしまった。

最初にハングアップした時はGPUの温度が80度とかありえない温度になっていたので、ボードのハードウェア上の問題(熱暴走)かと思ったが、その後いろいろ調べていたらどうやらそうではなさそうだ。試しに以前使っていたGeForce8400GSのカードに替えてみたが同じ条件でハングアップが起こったから。

問題が起きるのは、

・Nvidiaのプロプライエタリなドライバを使っている。
・フルスクリーンモードでアプリを動作させている。
・ワークスペースを切り替える(一旦、他のワークスペースに切り替え、フルスクリーンのアプリの画面に戻る)。

が重なったとき。非常に高い確率でフリーズしほぼ操作不可能になる。ただし、仮想コンソール(Ctrl+Alt+F1)は動作する。こうなるとリブートするしかなく、わかっていてもついうっかりハングアップさせてしまうことがあって、困っている。ちなみに、安全にリブートするにはマジックSysRqキーを利用するのがいいらしい(Alt+PScを押しながら、R、E、I、S、U、Bの順にキーを押す)。

では、オープンソースのNvidiaのドライバ(Nouveau)を使えばいいかというと、そっちも別の問題があって痛し痒し。そちらを使った場合は、サスペンドからの復帰で確実にハングアップするという問題がある。ちょっと席を離れて使わない時によくサスペンドを利用するのだけど、ハングアップするのでは全く使えない。

どちらもけっこうクリティカルな問題だと思うし、調べてみると該当しそうなバグレポートも出ているようだが(このあたり↓)、修正されそうな気配はない。

Desktop occasionally freezes/locks up when switching workspaces
10de:0611 nouveau fails at suspend/resume - PAGE_NOT_PRESENT

古くからある問題のようだけど、Ubuntu12.04のときにはどちらも起こらなかったし、Nvidiaのプロプライエタリなドライバが331.113のときにも最初に書いた問題は起こっていなかった。なぜ突然問題が出るようになったのかよくわからない。

Ubuntu14.04を使い始めてからUnityのいろんなバグに悩まされてきたけど、さすがにこれはちょっと‥。古いUbuntu12.04 LTSのUnityのほうがつまらないバグも少なくて、はるかに安定していたと思う。Ubuntu12.04をインストールした古いHDDに若干不安があったし、なるべく新しいバージョンのアプリを使いたいからと移行したのは間違いだったのかもしれない。

対処としては、

・Nouveauのドライバを使うときはサスペンドは使わない。
・Nvidiaのドライバを使うときは、フルスクリーンでアプリを動作させない。

といったところか。問題がドライバ側にあるのか、デスクトップ(Unity)側にあるのかわからないが、あとはUnityを使うのをやめて違うデスクトップを試してみるといったところだろうか。

その後、GPUの温度は高くなっても70度くらいまでだが、最初に問題が起きた時の80度という数値は何だったんだろう‥。まあ、70度でも十分すぎるほど熱い(下手に触れない)と思うのだけど。

---------------------------------------------------------------

2015/08/23 14:55 | デジタル・パソコン | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。