FC2ブログ
趣味のことやふと思ったことなど、あれこれつづっていきます
Firefox32
2014年09月04日 (木) | 編集 |
Firefoxの新しいバージョン32がリリースされたけど、バージョンアップしたら動作しない拡張機能がいくつか出てきた。待っていればそのうち拡張機能の方で対応するかもしれないが、いきなり動作しなくなるのはちょっと困るので、一時的に前のバージョンに戻すことにした。以下の方法で対応。

1) Mozillaのサイトから、Linux用の32bit版のFirefox31をダウンロードしてくる
2) /optディレクトリ以下に展開
3) /usr/bin/firefoxの元になっているファイル/usr/lib/firefox/firefox.shを/opt/firefoxの下にコピーする
4) firefox.shを編集して、MOZ_LIBDIRの場所を変更(/opt/firefoxに)
5) /usr/bin/firefoxをリネームするなどしてバックアップし、/opt/firefox/firefox.shにリンクを貼り直す。

これでとりあえず前のバージョンが動く。ただ、Ubuntuの一番上のタイトルバーに表示されていたFirefoxのメニュー(グローバルメニュー)が表示されなくなったので、Firefoxのツールバーにメニューバーが表示されるように設定。

前のバージョンに戻して、動作しなくなってしまった拡張機能も元通り使えるようになった。拡張機能の方で対応されたら新しいバージョンにする予定。

ずいぶん前はバージョンアップの度に拡張機能が動作しなくなるなんてことはよくあって、ここしばらくそういうことが起きなくなって安心していたけど、今回互換性を無視するに値するだけの大きな変更(改良)がされたようだ。

---------------------------------------------------------------

2014/09/04 18:43 | インターネット | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック