FC2ブログ
趣味のことやふと思ったことなど、あれこれつづっていきます
TIME - JUNE 3, 2013
2013年06月12日 (水) | 編集 |
TIME 6/3号の DOWN AND OUT IN SAUDI ARABIA を読みました。
原油で世界でも有数のお金持ちな国であるサウジアラビアが抱えている貧困層の問題についての記事です。

原油でとてつもないお金持ちがいる一方、4百万人近く(市民のほぼ1/5)もの貧困層がいるそうです。ただ、医療と教育は無料なので、本当に貧しくてどうしようもない(暮らしていけない)ということはないようです。
イスラム教では、慈善、施しは必要なもの(しなければいけない?)とされていて、そのため社会のシステムとして公的な福祉ができない(存在しない)原因になっているようです。
驚いたのが国家予算の92%をオイルマネーに頼っているということ。もしそれが危うくなると国が破綻してしまいますね。急速に増える人口、高い失業率など、いろんな問題を解決していく必要があるようです。
女性へ権限を持たせていくことが、世界の貧困を減らしていくカギとなるだろうと書いてありましたが、イスラムの世界では難しいのでしょうか。

---------------------------------------------------------------

2013/06/12 21:36 | | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック