FC2ブログ
趣味のことやふと思ったことなど、あれこれつづっていきます
TIME - JUNE 3, 2013
2013年06月09日 (日) | 編集 |
TIME6/3号の 16 MINUTES を読みました。
つい最近アメリカのオクラホマであったトルネードの記事です。

タイトルの16分間は、警報が出されてからトルネードに襲われるまでの時間。その場に居合わせた人達から聞いた証言を元に書かれていて、どうやって避難したかなど生々しかったです。辺り一面が瓦礫となった光景は、改めて見てもそのすさまじさを感じます。トルネードに牧場が襲われて、亡くなった馬が重なるようになって埋められるのを待っている写真を見て、胸をしめつけられるような思いがしました。この馬たちは、突然のことになすすべもなく命を奪われたんだろうな‥と。

アメリカでは30もの気象衛星が空から監視し、地上では122のドップラーレーダーを使い、集めたデータをコンピュータで解析してトルネードなどの災害の予報をしているということで、最近、そのコンピュータシステムを最新のものに置き換えて、30倍の性能アップができたそうです。これで予報が出る時間が今までより早くできて、今回は16分間になり、以前は多くの被害者が出ていたのを減らせたと書いてありました。

---------------------------------------------------------------

2013/06/09 18:54 | | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック