FC2ブログ
趣味のことやふと思ったことなど、あれこれつづっていきます
ポーラ美術館の印象派コレクション展
2006年01月29日 (日) | 編集 |
Bunkamuraで開催されているポーラ美術館の印象派コレクション展を見にいってきました。
比較的空いている開館直後くらいに行くようにしていますが、今回も同じように10時過ぎくらいに行きました。それなりに人はいましたが、ゆっくり見れないほど混んでいるわけではなかったので、のんびりと見てきました。

最後に絵葉書などを購入して外に出たのが12時過ぎになってしまい、2時間近くもいたことに。自分の好きな印象派の絵だと行きつ戻りつゆっくり見てしまいますね。
絵をいろいろな角度から見ると雰囲気も違って見えるのでけっこう好きだったりします。左、正面、右、近く、離れて‥など。あまり混んでいなくてゆっくりと見れないとなかなか出来ないですけどね。

ルノワールの作品が11点、モネが16点、セザンヌが9点、ボナールが6点などとかなりまとまった作品が見れて、印象派の絵が好きな人にはおすすめかなと思いました。
時代もそれぞれで作風やタッチの変化などがわかって面白いですね。(^^)
モネの絵の中に暗い彩りの作品があったけど、奥さんを亡くしてしばらくして描かれたとあったので、心の中が絵にこんなにも出てくるんだな‥なんて思いました。

飾ってあったモネの睡蓮の池の絵を何十分もず~っと見ている若い男性がいましたけど、そんなに気に入っていたのかな? イスに腰掛けてほんとにそればかり見ていたようで、ちょっと珍しい光景でした。

---------------------------------------------------------------

2006/01/29 11:16 | アート | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック