FC2ブログ
趣味のことやふと思ったことなど、あれこれつづっていきます
Linuxを動かしたままGDIプリンタを使う
2015年10月29日 (木) | 編集 |
Windows XPのときに使っていたプリンタがGDIプリンタ(沖データのLEDプリンタB2200n)だったので、OSをLinuxに換えてからプリンタを使いたいときはWindows XPにリブートし直してプリントするという手間があって、ちょっと面倒だった。で、以前から何とかしたいな‥と思っていたので、LinuxのKVMを利用してWindows XPを動かし、そこからプリントできないか試してみた。

QEMUとVirtualMachine ManagerをインストールしてKVMが動作するようにし、仮想マシンマネージャから仮想マシンを作成してWindows XPをインストール。進行そのものには問題はなかったが、インストールにとても時間がかかって大変だった。夜の8〜9時頃に始めて終わったのが夜中の1時近くになっていた。この時点でもっと早い時間に始めればよかったとちょっと後悔。^^;

インストールでOSの認証が通るか心配だったけど問題なく通った。すでにサポートが終了したWindows XPでもまだOSインストール時の認証は受け付けてくれるようで助かった。

設定が済んで、プリンタのドライバとユーティリティをメーカーのWebから落とそうとIE(たぶん6)でアクセスしてみるが、うまく表示できず、結局、Firefoxをダウンロードして、Firefoxを利用してドライバ等をダウンロードした。それらをインストールしてプリンタを追加し、テストページを印刷したら、なんとちゃんと印刷できた。これは便利、すごいな〜とKVMに感心。とりあえず印刷できることがわかって、その日はもうかなり遅い時間でグッタリしていたので、残りは次の日に。

インストールしたWindows XPのCDはSP2のものだったが、以前、SP3にあげたときに再インストールする場合にCDがあったほうが便利だろうと作成していた記憶があり、SP3のCDを部屋の中を引っ掻き回して捜索。何とか見つけてSP3をあてる。

その後、wordファイルの印刷のためにofficeをインストールし、PDFの印刷のためにPDF-XChange Viewer をダウンロードしてインストールした。adobeのAcrobat Readerはすでにサポート終了したXPではインストールできなくて断念。古いバージョンとか探せばあったのかもしれないけど、面倒なのでやめた。とりあえず、PDFは印刷できることを確認した。

そのまましばらくXPを使っていたら、画面に「アップデートがあります」というメッセージが出たので、えぇ!何これ?とびっくり。表示してみるとどうやらSP3からサポートが終了するまでのパッチが通知されているようだった。少し時間がかかったけど全部あてておいた。さすがにこれは期待していなかったが、まだ残してくれているマイクロソフトに感謝。いつまで残っているのかはわからないけど。

当初目的としていた、仮想マシン上で動かしているWindows XPからの印刷ができたので、リブートすることなくLinuxを動作させたまま印刷ができるようになって便利になったのがうれしい。ちなみに、印刷したいファイルなどはsambaを利用してWIndows側の共有ディレクトリにコピーして印刷している。

ちょっと気になるのは、Windowsのデバイスマネージャでビデオ他いくつかが黄色いハテナマークがついていること。問題なく動いているような感じなので、それ以上は突っ込んで調べていないけど。オーディオも最初は同じで音が出なかったけど、デバイスモデルをac97に変えたらハテナマークが消えて音が出るようになった。基板上のチップ本来のHDオーディオではないけど、とりあえず音は出るようなので気にしないことにした。

こんな使い方もできるということで、KVMって便利だなと思った。いろいろ遊んでみたいと思うけど、デュアルコアのCPU、メモリ2GBのPCではちょっと厳しいかな‥。ちなみに、XPには512MB割り当てて動作させた。

スポンサーサイト
---------------------------------------------------------------

2015/10/29 23:47 | デジタル・パソコン | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
USBメモリ
2015年10月28日 (水) | 編集 |
今まで使っていたUSBメモリが突然壊れて(書き込みできなくなって)しまったので、新しくUSBメモリを買いました。USBメモリが書き込み禁止になったのはこれが初めての経験。SanDiskのホームページで調べたけど、書き込み禁止になったのを戻すことはできないようで‥。そうなると単なるゴミですね。

USBメモリ

上が壊れたやつで、書き込みは遅かった(5MByte/sec程度)けどコンパクトなのがよかった。海外品なので保証なしだったのが失敗だったかも‥と思い、今度は下側の保証がついているシリコンディスクのUSBメモリを購入。一応、USB3.0対応だけど、書き込みや読み込みの速度については何も謳っていないので、たぶん期待はできないだろうと思う。

もう使い物にならないし、コンパクトな中身がどうなっているのか興味をそそられたので、壊れて(割れて)もいいやと思って分解してみた。

USBメモリを分解(表)

表側はこんな感じ。メモリが載っているだけのシンプルさ。となると、形が大きいUSBメモリには他に何が載っているんだろう‥。

USBメモリを分解(裏)

裏側もかなりシンプルで、大きいのがメモリの読み書きのコントローラチップだろうと思う。

それにしても、一切書き込みできなくなったが読み込みだけは問題なくできるというのは何とかならないものなんだろうか‥。極秘のデータ?なんてものが入っていたら消すことができないのは処分にも困ると思うのだけど。^^;
---------------------------------------------------------------

2015/10/28 23:51 | デジタル・パソコン | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
USB DAC用の設定
2015年10月28日 (水) | 編集 |
USB DACのホットプラグ用にArchLinuxのWebを参考にして設定していたudevルールで、Raspberry Pi 2の起動時に設定がおかしくなることがあったので修正。

BeagleBoard-xMはUSB DACがつながっているかどうかで基板上のオーディオとデバイスの番号が入れ替わってしまっていたので、/etc/modprobe.d/alsa-base.conf で以下のようにして番号が固定されるように。

options omap3beagle index=0
options snd_usb_audio index=1

Raspberry Piでは内蔵が常に0になるようなので、これで一緒の条件。で、udevルールを以下に修正して、USB DACが起動時につながっていた場合、そうでない場合(後からつないだりはずしたりする)のどちらの場合もUSB DACがつながっていれば優先してデフォルトのサウンドカードになるようにした。

# device add
KERNEL=="pcmC1D[0-9]p", ACTION=="add", PROGRAM="/bin/sh -c 'K=%k; K=$${K#pcmC}; K=$${K%%D*}; echo defaults.ctl.card $$K > /etc/asound.conf; echo defaults.pcm.card $$K >> /etc/asound.conf'"
# device remove
KERNEL=="pcmC1D[0-9]p", ACTION=="remove", PROGRAM="/bin/sh -c 'echo defaults.ctl.card 0 > /etc/asound.conf; echo defaults.pcm.card 0 >> /etc/asound.conf'"

---------------------------------------------------------------

2015/10/28 23:12 | デジタル・パソコン | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
バジル
2015年10月28日 (水) | 編集 |
バジル

こんな時期だけど、まだ暖かい日もあるせいか、バジルの花が咲きはじめました。
このままだと冬の花を植える時期を逸してしまいそうな気がします。^^;

---------------------------------------------------------------

2015/10/28 22:47 | ガーデニング | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
2015年10月21日 (水) | 編集 |
菊

冬にほとんど枯れてしまい、わずかな芽が残っていたのを挿しておいたらなんとか復活してここまで大きくなってくれました。つぼみをつけているので、もうしばらくしたら咲いてくれそうです。ただ、いつの間にかアブラムシらしき害虫がたくさんついていたので、薬を散布しておきました。今年も白い菊の花が見られるのが楽しみです。

---------------------------------------------------------------

2015/10/21 22:44 | ガーデニング | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
バジル
2015年10月19日 (月) | 編集 |
芽が出てからほとんど放っておいているバジルですが、少しずつ大きくなってきました。だんだんと寒くなってきているから、さすがに収穫できるまで育つというのはなさそうな気もしますが‥。

バジル

右の大きいのは以前に載せた時に花が咲いていたやつ(夏に育っていたバジルの残り)です。まだ昼間は温かい日もあるからか、けっこう育っています。

バジル

別のプランターでも大きくなってきています。このままどこまで大きくなるかダメになるまでそのままにしておくつもりです。

---------------------------------------------------------------

2015/10/19 23:45 | ガーデニング | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
Raspberry Pi 2でインターネットラジオ
2015年10月18日 (日) | 編集 |
Raspberry Pi 2でインターネットラジオを聴けるようにプログラム(perl)を作って動かしていますが、普通のラジオでは聴けない局だけにしてました(主に海外のニュース等の放送)。ラジオで聴けるのはラジオで聴けばいいやと。でも、PCを使っている時に手元で簡単に選局できると便利かもと思って、radikoとらじるらじるも聴けるようにしました。

選局もプログラムでリクエストを送っていたのをブラウザを使ってRaspberry Pi 2にアクセスしてリクエストできるようにしました(PHPを利用)。

インターネットラジオの選局

ブラウザで表示するとこんな感じ。何の飾り気もないラジオボタンを表示しただけの素っ気ないページですが、マウス一つで聴きたいのを選局できるのは便利で気に入っています。

---------------------------------------------------------------

2015/10/18 22:54 | デジタル・パソコン | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
Raspberry Pi 2 にヒートシンク
2015年10月18日 (日) | 編集 |
ラズパイにヒートシンク

raspberry pi 2にもヒートシンクをつけました。BeagleBoard-xMにつけたときはRaspberry pi B+用に売っているのをつけたけど、今回は aitendo というお店でバラで売っているヒートシンクです。8.8x8.9x5mmと16x16x10mmでそれぞれ20円。セットでB+用に売っているやつよりずっと安いです。大きい方は高さが1cmもあるのでけっこう大きく見えます。まあ、気休めですけど。

お店で見つけて少しショックを受けたもの: 先日自作したRS232Cのケーブル(とほぼ同じものが)、PC用のブラケットまでついたちゃんとした状態のものが100円で小さなカゴに山積みになって売ってました。特売品みたいな感じだったけど、部品を揃えるより安いって‥。

---------------------------------------------------------------

2015/10/18 22:20 | デジタル・パソコン | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
USB DAC
2015年10月14日 (水) | 編集 |
イヤホンジャックからのRaspberry Pi 2の音がいまいち良くない(BeagleBoard-xMのほうがいい音がする)ので、USB DACを利用することにしました。

USB DAC

今はまともなオーディオ機器を持っていなくて、ラジカセの外部入力を利用してBGMに音楽を聞いているので大したものは必要ないと思い、PU-2111という小さなUSB DACを購入しました。

フリスクのケースに収まったところ

少し加工すればフリスクのケースにぴったり収まるということで、入れて動作させて音楽を聴いてみましたが、音が良くなっているのがラジカセでもはっきりとわかります。音がクリアになった感じ。これなら今の使い方では十分な音です。

フタを取ったところ

フタを取るとこんな感じ。PCのほうにも接続して聴いてみましたが、やはり音がクリアになって、よりいい音で聴けるようになりますね。

ところで、USB DACを後から挿入して認識させるとデバイスの番号が後になって、そのままではデフォルトの再生カード(チャネル?)にならないので、USB DACが接続されていたらUSB DACがデフォルトに、そうでないときは本体のイヤホンジャックがデフォルトになるようにしました。

ちなにみ、ネットで見かける /etc/modprobe.d/alsa-base.conf に以下の2行を記述する設定を試してみたところ、今のバージョンのrasbian(Debian Jessieベース)、ArchLinuxではエラーになってしまいました。

options snd_usb_audio index=0
options snd_bcm2835 index=1

---- こんなエラー(日付時刻部分は削除)
alarmpi kernel: snd-usb-audio 1-1.4:1.0: cannot find the slot for index 0 (range 0-0), error: -16
alarmpi kernel: usb 1-1.4: cannot create card instance 0
alarmpi kernel: snd-usb-audio: probe of 1-1.4:1.0 failed with error -16
----

これは以下のように1行追加することでエラーがなくなるようです。BeagleBoard-xMでは別になくてもエラーは出なかったのですけど。
ArchLinuxのWikiのAdvanced Linux Sound Architectureの「3.1 デフォルトサウンドカードの設定」の記述を参考にしました。

options snd slots=snd_usb_audio,snd_bcm2835
options snd_usb_audio index=0
options snd_bcm2835 index=1

ただ、これだと番号は接続の有無に関わらず固定になるので、USB DACを抜くとそのままではイヤホンジャックから音が出ず。いまいち気に入らないので、結局、上記のArchLinuxのWikiの「USB サウンドカードのホットプラグ」のところに書いてあるudevのルールを利用しました。

これだとUSB DACの抜き差しでデフォルトの再生カードが切り替わります。たぶん、イヤホンジャックを使うことはほとんどないとは思いますが、このほうがすっきりしていいです。mplayerなどに直接オプションで再生するカードを指定する方法もあるようですが、そういうのを気にせず再生できるほうがいいので。

---------------------------------------------------------------

2015/10/14 22:25 | デジタル・パソコン | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
Raspberry Pi 2
2015年10月13日 (火) | 編集 |
Raspberry Pi 2 を買ってしまいました。

raspberry pi 2

デザインが気に入ったので、公式のケースも一緒に。

大きさ比較

2つ並べると大きさがよくわかります。Raspberry Pi 2のほうが小さいけど、処理は速いです。ブートも全然速い。とりあえず、BeagleBoard-xMと同様に、ラジオと音楽の再生はできるようにしました。ボタンはついてないので、プログラムでネットワーク経由でリクエストを送ってラジオのチャネルを変えるようにしています。

BeagleBoard-xMはケースがなくて、使うときに少々不便だったので、空いているCDのケースを利用してプラ板を切り出し、上下をはさむようにしました。それと、ICがけっこう熱くなる(特にSMSCのLAN9514)のでヒートシンクをつけました。

RS232Cケーブル

ちなみに、SSHでログインできなくなったときの緊急用にRS232Cケーブルも自作しました。PCのマザーボードにあるCOMのコネクタに接続して利用します。コネクタ付きのケーブルが100円、DSUBのコネクタが40円とかなり安くできました。

---------------------------------------------------------------

2015/10/13 23:56 | デジタル・パソコン | Comment (0) Trackback (0) | Top▲