FC2ブログ
趣味のことやふと思ったことなど、あれこれつづっていきます
ネモフィラ
2006年01月29日 (日) | 編集 |
ネモフィラ


ネモフィラ(イグニシスブルー)がずいぶんと大きくなってきました。
ベランダに置いてあるのですけど、東京で雪の降った日に上に少し積もってしまって、朝にはその雪が凍ってしまっていたので大丈夫かな?と少し心配だったのですが、元気なようです。

ネモフィラ


ちなみに、プランターに蒔いてみたほうはこんな感じです。
めちゃくちゃ混みあってしまっています。2つくらい育てば十分な小さいプランターでしかないので、もっと芽がでてしまったからこんなことになっています。
これでも幾つも間引いたのですけど、現在4つほどそのまま育っているでしょうか。
植え替えしてしまうと弱ってしまうということなので、このまま放っておくしかないのかな‥。
スポンサーサイト



---------------------------------------------------------------

2006/01/29 11:54 | ガーデニング | Comment (2) Trackback (0) | Top▲
神座(かむくら)
2006年01月29日 (日) | 編集 |
Bunkamuraで絵画展を見た後、ちょうどお昼だったので何か昼食でも‥と思ってうろうろしていたら、関西で人気No.1とうわさの神座(かむくら)というラーメン店をみつけました。
大阪に少しだけ住んでいたときにそんな名前のラーメン店があるのは知ってたけど、入ったことはなかったのです。関西はラーメンよりうどん文化だからあまりおいしいお店はないのかな?なんて先入観念もあったし。(^^;

外に券売機があって人の行列が少しできていたようですけど、店内がけっこう広いようですぐに人もはけそうな感じだったので、一番普通の「おいしいラーメン」のチケットを買って入ってみました。
珍しいのが店員さんがコックさんの帽子をかぶっているいたり、格好がいかにも洋食屋という感じなところでしょうか。

出てきたラーメンも普通と違っていて、白菜が具にあったり、焼き豚とはちょっと違う肉も入っていたりで、見た目から違いがわかります。最初にスープをすすってみて、その味にちょっとびっくり。
いわゆるラーメンのつゆとは全然違っていて、洋食屋さんのスープの味って感じがします。ふむふむ、そういう味なんですか。あと気づいたのが、スープの甘さですけど、これって大阪の料理にみられる(と勝手に思っている)あの甘さ。
おぉ、これは大阪の味だぁ~と。

大阪に住んでみて外食して驚いたのが味の甘さと味の濃さでした。
関西は薄味なんてよく言われているけど、自分には大阪は何を食べても味が濃かったです。
カレーの妙な甘さにもびっくりしましたし。隠し味にお好み焼きソースでも入っているのか?なんて思ったくらい(おおげさ)。(^^;

3度食べたらやみつきになる味と書いてあったけど、人によるんじゃないかと‥。
いわゆるラーメンを考えると変な味ってことになるような気もするけど、こういうのもありかなって感じでした。料理としてはまあおいしい方だとは思いましたけどね。

---------------------------------------------------------------

2006/01/29 11:41 | 食べ物 | Comment (4) Trackback (0) | Top▲
ポーラ美術館の印象派コレクション展
2006年01月29日 (日) | 編集 |
Bunkamuraで開催されているポーラ美術館の印象派コレクション展を見にいってきました。
比較的空いている開館直後くらいに行くようにしていますが、今回も同じように10時過ぎくらいに行きました。それなりに人はいましたが、ゆっくり見れないほど混んでいるわけではなかったので、のんびりと見てきました。

最後に絵葉書などを購入して外に出たのが12時過ぎになってしまい、2時間近くもいたことに。自分の好きな印象派の絵だと行きつ戻りつゆっくり見てしまいますね。
絵をいろいろな角度から見ると雰囲気も違って見えるのでけっこう好きだったりします。左、正面、右、近く、離れて‥など。あまり混んでいなくてゆっくりと見れないとなかなか出来ないですけどね。

ルノワールの作品が11点、モネが16点、セザンヌが9点、ボナールが6点などとかなりまとまった作品が見れて、印象派の絵が好きな人にはおすすめかなと思いました。
時代もそれぞれで作風やタッチの変化などがわかって面白いですね。(^^)
モネの絵の中に暗い彩りの作品があったけど、奥さんを亡くしてしばらくして描かれたとあったので、心の中が絵にこんなにも出てくるんだな‥なんて思いました。

飾ってあったモネの睡蓮の池の絵を何十分もず~っと見ている若い男性がいましたけど、そんなに気に入っていたのかな? イスに腰掛けてほんとにそればかり見ていたようで、ちょっと珍しい光景でした。

---------------------------------------------------------------

2006/01/29 11:16 | アート | Comment (0) Trackback (0) | Top▲